建設リサイクル法のあれこれ

>

建設リサイクル法の概要

この記事をシェアする

どんな工事が対象となるのか

ここでいう対象となる建築工事は、特定建設資といわれるコンクリート、木材、アスファルト等を用いている建築物等の解体工事や、またはその施行の際に規模の基準以上となる特定建設資材を使用しているような新築工事のものを指します。
こび新築工事等とは、新築そのほかの解体工事以外の建設工事のことをいいます。
規模の基準ですがこれは、建築物の解体工事では床面積の合計80平米以上、建築物の新築および増築工事では床面積合計500平米以上、建築物の修繕・模様解等の公示では請負代金顎の1億円以上、そして建築物以外の工作物の工事(土木工事等)では請負代金顎500万円以上となります。
建築物には定義があり、屋根・柱、壁のある建物と、門や塀、事務所や店舗棟の建物のことを指します。

解体工事業登録には要件がある

誰でも解体工事業を営むことができるかというとそうではありません。不適格要件があり、登録申請書や添付した書類に虚偽記載をしていたり重要な事実が記載されていなかった場合、解体工事業者としての適正な言葉が期待できない場合は解体工事業登録が行えません。
解体工事業登録が何らかの理由に削除されてからまだ2年未満の場合であったり、毛説リサイクル法に反し罰金以上の刑罰を受けてから2年未満の場合には、不適格要件に当てはまります。またあるいは現在暴力団員であったり、暴力団でなくても。暴力団員でなくなったその日から5年未満の場合であることなどが、不適格要件に当てはまります。
不適格要件をパスすることがまず第一段階となります。


▲ TOPへ